レーシックで短時間に視力回復



いま注目されているイントラレーシック

 

 

レーシックという視力回復手術を受けたことのある人、これから受けてみようと思っている人も多いと思います。レーシック手術は短時間で行えるうえに、視力を回復させてくれる手術として注目を集めていますが、最近、レーシックよりも安全で精密に行える視力回復手術が人気を集めています。

 

 

イントラレーシックという視力回復手術が注目されてきています。通常行われているレーシックとの大きな違いは、角膜を薄く削るフラップの作成方法です。マイクロケラトームという電動カンナで角膜を削っていましたが、イントラレーシックという視力回復手術では、イントラレーザーを使いコンピューター制御でフラップを作成します。

 

 

レーシックという視力回復手術の場合よりも、より薄く角膜を削ることが出来るようになったのです。薄くさせることが出来たことで、今までレーシック手術を受けることが出来なかった重い近視の人や、薄い角膜の人も視力回復手術を受けることが出来るようになったのです。これからはイントラレーシックを受ける人が増えていくことと思います。

 

 

イントラレーシックという視力回復手術では、レーシックと同じく薄く角膜を切り取りフラップを作成しますが、切れ込みが直角になるので、レーザーを照射してフラップを戻すときに、パズルのようにしっかりとはめ込むことが出来るのできちんと安定させることが出来るのです。レーシック手術を断られたという人でもイントラレーシック手術を受けられる場合もありますので、一度医院に相談してみてはいかがでしょうか。